医療関係者の方へ

地域医療連携室

地域医療支援病院とは

この制度は、「かかりつけ医・かかりつけ歯科医」と「地域医療支援病院」が、地域の中で、医療の機能や役割を分担することで、患者様にとって「より効果的 な医療」を行うための、システムです。簡単に言いますと、「地域の医療を、病院と診療所が役割分担して担っていきましょう。」ということなのです。

例えば、身体に不調を感じた時に「大きな病院だったら、とりあえず何でも診てくれるだろう」と考えられて当院へ来られる方が多数いらっしゃいます。信頼し て頂いているという意味では、大変嬉しいことなのですが、その一方で診察までに長時間お待たせしたり、患者様の状態を把握するまでに、一から検査を行い、 お話をお聞きした上で診察をしたりとお手間を取らせることも多いのです。まずは、ご自宅近くの医療機関で受診して頂く(かかりつけ医を持って頂く)ことを お勧めします。

この他、地域医療支援病院として、次のことも重要な役割となっています。

  1. 地域の医療機関との連携を図り、高額医療機器・入院ベッド・手術室などを共同で利用できる体制をとること。
  2. 地域の医療従事者の資質向上を目的とした研修を行うこと。 
  3. 救急医療を提供すること。

地域医療支援図

※上記の図のとおり、紹介を基本としますが、救急の場合は、休日・夜間を問わず遠慮なくご来院下さい。

 

かかりつけ医とは?

「かかりつけ医」とは、個人で開業されているクリニックや診療所の先生方で、身近で、きめ細かい診療を行っておられる「家庭医」を言います。皆様も是非、かかりつけ医を持ちましょう。

当院と地域連携の形で「登録医」となって頂いている先生方の病院名・医師氏名・住所等を、地域別に掲載しております。


患者さまへ

  1. 初診の患者様は、お近くの病院・診療所からの『紹介状』をご持参下さい。紹介状には、かかりつけ医の行った治療の経過や検査の結果、また使用している薬の内容等が書かれているため、紹介状の内容をもとに、適切な治療を行うことが出来ます。
  2. 地域の病院・診療所の登録医から紹介患者様が入院された場合、当院の主治医と紹介医が共同で診療にあたることが出来ます。この共同診療は、患者様が希望された場合のみ行います。
  3. 急性期の治療が終わって病状が安定しましたら、お近くの病院・診療所をご紹介します。紹介元病院やそれ以外の病院にも紹介できますので、ご遠慮なく希望を担当医にお申し出下さい。
  4. 休日や夜間、急に具合が悪くなった場合は、紹介状をお持ち頂く必要はありませんので、電話でご連絡していただき受診して下さい。

 

別府医療センターの役割

国の医療政策として、「病院完結型医療」から「地域完結型医療」の考え方が広まっております。別府医療センターが地域医療支援病院として大分県知事から認定を受けたことは、今後当院の医療の質を向上させていく責任と、併せて地域の医療水準を向上させていく、新たな使命を課せられたことになります。 地域医療機関の先生方と協力し、「地域医療連携の強化」、「研修体制の強化」、「救急体制の強化」を図って参ります。

 

診療所等の先生方へ

当院では、大分県北の開業医の先生方を中心に登録医制度を結んでおります。この趣旨にご賛同頂きました開業医の先生方には、ファックス予約制度などの、より良い診療連携をとれるシステムをご案内しております。詳しくは当院「地域医療連携室」までお問い合わせ下さい。

地域医療連携室
TEL 0977−67−1111(内線275)
担当:今尾顕太郎、井上祥明