医療関係者の方へ

地域医療研修センター

ごあいさつ

本院地域医療研修センターは、「プライマリ−・ケア対策の充実の観点から地域医療の中心的な病院として、臨床研修を強化し、さらに地域医師の生涯教育の場 として運用することにより、地域保険医療医療機関の相互の機能分担と連携を図り、もって地域全体の医療水準の向上を図る」ことを目的として設立されまし た。 私どもは、この設置目的に沿い、医師、薬剤師、看護師およびコ・メディカルの方々を対象とした各種研修会や症例検討会、講演会等を催します。また、センタ −内に地域医療連携室を設置し、先生方との診療情報、患者情報などの交換を電話、ファックスのみならず、インタ−ネットを介した方法も含めて行い、病診連 携、病病連携をより深めてまいりたいと思います。このセンタ−は、医療従事者のみならず、地域住民の皆様へ保健医療情報、健康教育を提供する場としての役 割も果たしてまいります。  最近は、医療機関の役割分担が進みつつあり、施設間の連携が進みつつあります。特に、病院機能と診療所機能の分化が変化の方向であります。当院は、亀川 の国立病院として、地域の先生方からご支援を頂いてまいりました。別府市を始め、県北地域の90%以上の先生方から患者さんの紹介をして頂いております。 この地域医療研修センタ−を気軽にご利用頂くことで、先生方からの患者紹介やお問い合わせがスムースになり、連携を深めていくことが出来ると思います。  センタ−は、無料でお使い頂けます。皆様方の研究会等、地域医療の向上に役立つことにもどうぞご利用ください。

院 長  酒井 浩徳

 

このたび、別府医療センター 地域医療研修センタ−が設立されました。当センタ−を通じ、わたしたちは、今後とも地域の皆様に親しまれ、信頼される病院であり続けるために、各種講演 会・勉強会を企画して最新の情報を発信いたします。地域の皆様にも、各種医療関係の集会などにお気軽に利用いただき、交流の場としてもご活用いただきたい と思います。センタ−共々当院により一層のご指導ご鞭撻を賜れば幸いです

地域医療研修センタ−長  川中 博文