治験って何?

人はけがをしたり、病気になったりすると「くすり」を使うことがあります。「くすり」はいきなり人に使われるようになるわけではありません。長い時間をかけて、研究、開発が行われています。まず、人に使う前にねずみやウサギ、犬などの動物で実験します。ここで、安全性や有効性が確認された後、「人」でも本当に安全性や有効性があるかどうかを試験し、厚生労働省が承認した後、「多くの人」に使われるようになります。この厚生労働省が承認するまでの「人」での試験のことを『治験』といいます。