治験の進み方

 

治験は通常、3つの段階で進められます。
臨床第T相試験 まず、少人数の健康な成人にごく少量から少しずつくすりの量を増やしていき、安全性を調べたり、吸収や排泄などを調べます。この段階を臨床第T相試験といいます。(この段階の試験は別府医療センターではほとんどありません。)
臨床第U相試験 次に、効果が期待される患者さんに、本当に病気を治す効果があるのか、副作用はどうか、使い方や量などを調べます。この段階を臨床第U相試験といいます。
臨床第V相試験 最後により多くの患者さんについて、有効性や安全性を調べ、効果の範囲や標準的な使い方を確定します。このような最終的段階の試験を臨床第V相試験といいます。