くすりについて

「くすり」による病気やけがの治療は20世紀になってめざましく発展しました。それまで治らなかった病気が治るようりなったり、手術をしなくてもすむようになったり「くすり」は私たちの命や健康を支えてくれています。
しかし、今でも治らない病気は数多くあります。新しいくすりを待ち望んでいる患者さんはたくさんいます。
「くすり」は病気を治す効果がありますが、他方、好ましくない作用(副作用)もありますので、慎重に開発、取扱いが必要です。