診療科・部門

心臓外科

治療方針

 当科では心臓弁膜症手術や冠動脈手術、胸部大動脈瘤手術などの成人心臓外科手術を主に行っています。近年、医療の発達に伴い、心臓外科の対象となる患者さんは以前に増して高齢化・重症化が進んで来ています。また過去に心臓手術を行った後、疾患の再発や別の疾患の発症により再手術を要する患者さんも増えています。心臓疾患の分野においては診断・治療法が日々進歩しており、エビデンスに基づいた最善の治療を心がけています。同時に十分に治療の説明を行い、満足いただける医療を提供することを我々の使命と考えています。
 当科は大分大学心臓血管外科とも連携し、低侵襲心臓手術(MICS)など新しい術式などにも積極的に取り組んでいるところです。今後はさらに臨床研究にも積極的に参加していこうと考えております。
 現在、別府市内で心臓外科手術ができる病院は当院しかございません。将来的に、別府市から大分県北部地域の中核施設となるべく、緊急手術にも対応できるように施設の充実を目指して努力をしています。地域の、一人でも多くの患者さんのお役に立ちたいと考えています。

 

NCDについて

NCDの手術・治療情報データベース事業への参加について