診療科・部門

産婦人科

治療方針

周産期医療

 早産期(在胎26週以降)の対応可能なNICU(新生児集中治療室)を備え、正常妊娠はもちろん、ハイリスク妊娠(妊娠高血圧症候群、糖尿病、甲状腺疾患などの合併妊娠、双胎妊娠)の管理、母体救急搬送の受け入れのできる地域周産期母子医療センターとして機能している。

悪性腫瘍

 婦人科悪性疾患(子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌など)の根治術、化学療法(抗癌剤)、放射線治療などの集学的治療を行っている。

腹腔鏡手術

 従来開腹術で行われていた子宮筋腫、卵巣嚢腫などの良性疾患では可能な限り腹腔鏡下にて手術を施行している。早期子宮体癌も症例により、先進医療である腹腔鏡下子宮体癌根治術を行っている。

不妊外来

 卵管造影検査、子宮鏡検査、審査腹腔鏡、人工授精など行っているど。

救急体制

 24時間オンコール体制。