診療科・部門

リウマチ科

治療方針

 関節リウマチ及び膠原病の診断・治療を行っています。

 20世紀から21世紀にかけてリウマチの診療は大きく進歩しました。画像診断による早期診断と有効な薬剤による治療により、リウマチは早期発見寛解を目指す疾患となりました。
①多関節痛があるのに、腫れがないとか、血液検査が陰性だからと言ってリウマチを見逃していませんか?
 →数年後に変形するかもしれません。
・関節の腫れがなくても超音波で関節炎が診断できます。
・リウマチの20%がリウマトイド因子、抗CCP抗体陰性です。
②多関節痛があり、リウマトイド因子、抗CCP抗体が陽性だからといって、ステロイドや抗リウマチ薬を投与していませんか?
→他の疾患かもしれませんよ。
・リウマトイド因子より特異度の高い抗CCP抗体でも他疾患の10人に1人は陽性で、結核においては30%が陽性になります。リウマトイド因子は他の感染症でも陽性になります。
③患者さんが満足しているからといって漫然とステロイドを継続していませんか?
→数年後に変形するかもしれません。
 ステロイド骨粗鬆症による骨折で寝たきりになるかもしれません。
・ステロイドはリウマチの進行を抑制できません。21世紀にはリウマチの進行を抑えることは勿論、治すことができる可能性のある薬があります。

多関節炎を疑う患者さんは是非、リウマチ専門医にご相談下さい。

 膠原病については、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、多発筋炎、強皮症などの一般的な膠原病に加え、不明熱の原因の1つで診断が難しい血管炎なども診断・治療しています。膠原病は病変が多岐にわたることが多く、他科と連携して治療にあたっています。

 平成30年度から、木村大作医師が大学院に進学することになり、九州医療センターより森俊輔医師が赴任します。森医師は症例豊富な同院膠原病内科で研鑽を積み、九州大学第3内科のホープとして期待されています。
当科の初診は森医師が行い、再診以降は末永医長が診療致します。若手医師による丁寧で漏れのない問診、診察、検査を元に、慌ただしい初診時に十分に聴取できなかった問題点をベテラン医師が補い、患者さんの真のニーズに沿った診療プランの作成実施を心がけております。膠原病は複雑な病態であり、複数の医師が同じ患者さんを診てDiscussionすることにより、より総合的な診断治療を行っております。

研究活動情報公開

「退院後生物学的製剤投与と感染症による再入院との関連性:生物学的製剤投与中に感染症で入院が必要だった関節リウマチ患者の後ろ向きコホート」の実施に関する情報公開