診療科・部門

リウマチ科

治療方針

 関節リウマチ及び膠原病の診断・治療を行っています。
 関節リウマチを始め、脊椎関節炎(強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、反応性関節炎)などの多関節炎の診断・治療を行います。診断としては超音波検査、MRIなどを導入し、診察ではわかりにくい関節炎にも対応しております。治療としては、標準的なメトトレキサート治療に加え、生物学的製剤による治療も行っています。レミケードなど点滴の生物学的製剤は短期入院、外来どちらにも対応しています。また、新規薬剤の治験も積極的に行っています。その他、整形外科とタイアップして、手術適応患者のリウマチおよび合併症コントロールも行います。
 膠原病については、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、多発筋炎、強皮症などの一般的な膠原病に加え、不明熱の原因の1つで診断が難しい血管炎なども診断・治療しています。膠原病は変病が多岐にわたることが多く、眼科と連携して治療にあたっています。