診療科・部門

臨床研究部

分子病理学研究室

室 長
吉河 康二

 個別化医療は、悪性腫瘍など深刻な疾患に対してより効果的な治療を提供するための方向性として大いに注目されている。個別化医療の根幹は,当該患者に起こった腫瘍の遺伝子構成や蛋白構成に即した治療を目指すことであり,その結果より効果的で副作用の少ない治療が期待できる。
 腫瘍バンクとは,生検あるいは手術で切除された腫瘍組織もしくはそれから得られた蛋白,核酸などを体系的に保管するシステムであり,個別化医療を実施するためには必要不可欠である。保管された資源は,当該患者に最適な治療(個別化治療,テーラーメイド治療)に利用されるとともに,同意が得られた場合には新しい治療の開発研究の目的でも使用することができる。インフォームドコンセント取得やその記録などに関する技術、個人情報や遺伝情報の保護に関する技術も高度なものが要求される。

1.課題名

 「個別化医療を実践するためのがん患者データベースを基盤とする腫瘍バンクの確立」

2.研究概要

 当センターにおいて切除されるヒト臓器腫瘍組織および非腫瘍組織を系統的に凍結保存するシステムを確立し、これらと臨床情報を連携させるためのデータベースの整備を行う。保存した組織から抽出した蛋白および核酸を解析することにより、個々の患者に適切な治療法(個別化医療)の開発と実践を行う。さらに、それらを新しい治療法の開発に利用する。

3.研究の意義

 がんに関連した遺伝子異常の詳細かつ、網羅的な解析と信頼性の高い臨床病理学的情報とを密接に連携し、個別化医療を実践するための技術的基盤が近年急速に整いつつある。倫理的諸問題への検討も進められており、こうした基盤の上に立ってヒト腫瘍の質の高い個別化医療の実践体制が待たれるところである。

4.業務内容

(1)凍結保存
当院で実施される外科切除臓器のうちインフォームド・コンセントが得られたものを対象として、組織採取と凍結保存を行う。また、他の研究者などからの保存試料の供給依頼への対応、コンピュータによる試料の在庫管理、および液体窒素タンク運転状況の維持管理を行う。

(2)マイクロダイセクション
腫瘍細胞集団や腫瘍間質成分など、組織内の微小領域に特異的な遺伝子異常の解析を実現するため、凍結組織切片から目的とする細胞のみを実態顕微鏡下に採取する技術であるマイクロダイセクションを用いた核酸および蛋白の抽出を行う。

(3)がん患者データベースシステムの開発
がん患者データベースを開発し、予後追跡と治療効果の解析に利用する。本システムは、術後時間を経て再発した腫瘍に対する治療オプションの選択にも有用と考えられる。

(4)倫理的問題
インフォームド・コンセントの体制、遺伝子情報の保護、および事故・諸問題への対応をマニュアル化する。研究協力者や治療参加者およびその親族から寄せられる遺伝子問題について、臨床遺伝専門医を中心とする遺伝カウンセリングを行う。

5.まとめ

 当院での診療に裏付けられた高品質な組織試料と付帯情報を有機的に連携する本システムを構築することにより、地域基幹病院において個別化医療を実現する意義は大きいと考えられる。