診療科・部門

呼吸器内科

治療方針

 肺癌、呼吸器感染症(肺炎)、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息、びまん性肺疾患(間質性肺疾患)など多岐にわたる疾患を診療しています。なお稀な疾患については大学病院に紹介することもあります。

肺がん

 肺癌の診断・治療は年々進歩し複雑になってきています。
 診断率向上のため超音波を併用して、気管支鏡検査を行い組織・細胞を採取するようにしています。肺癌の組織型を調べるだけではなく、遺伝子検査や肺癌が有する特殊なタンパクの検査も併せて行っています。確定診断が得られれば、呼吸器内科・呼吸器外科・放射線科・病理医とのカンファレンス(キャンサーボード)を毎週行い、患者さん一人一人に最適な治療方針を決定しています。また肺癌の診断・治療開始時期から患者さんが抱えるさまざまな問題に対しては、がん専門相談員や緩和ケアチームと連携しながら、患者さんをサポートできるように取り組んでいます。「がんはあるけど質のいい生活で長生き」を目標に診療しています。

呼吸器感染症

 外来で治療可能な軽症例から、ICUでの人工呼吸器管理が必要な重症例まで幅広く診療しています。高齢の患者さんの誤嚥性肺炎に対しては、嚥下評価、嚥下リハビリテーションも併せて行うようにしています。また当院には陰圧個室を備えております。透析中の患者さんなどで結核を発症した場合は、西別府病院と連携しながら治療を行うこともあります。

慢性閉塞性肺疾患・気管支喘息

 COPDは薬物療法に加え、在宅酸素療法の導入や入院してリハビリテーション科と協力しながら、呼吸理学療法や運動療法なども行っています。
 喘息のガイドラインに基づいた適切な治療を行っています。
 そのほか、呼吸器疾患全般に対応いたします。

びまん性肺疾患(間質性肺疾患)

 CT、気管支鏡検査などによる診断を行います。診断が困難な場合には大分大学病院に紹介することもあります。ステロイド剤、免疫抑制剤、抗線維化剤などによる治療を行っています。  そのほか、呼吸器疾患全般に対応いたします。呼吸器疾患(症状)に関して気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。