診療科・部門

形成外科

治療方針

皮膚外科手術

 皮膚良性腫瘍、悪性度の低い皮膚癌の切除術および再建術を行います。

再建手術

 皮膚移植や皮弁を利用した再建手術を行います。
他科からの依頼・連携により、頭頚部再建や胸壁腹壁再建、乳房再建を行います。
乳房再建は自家組織を用いた再建・インプラントを用いた再建ともに対応可能です。

傷跡の治療

 瘢痕拘縮解除による機能改善、醜状瘢痕の修正など行います。
電子線照射を利用したケロイドの外科的治療も可能です。

下肢難治性潰瘍の治療

 植皮等の外科的治療や外用剤・創傷被覆材を用いた保存的治療を行います。
必要に応じて血管外科医とともに、血管からのアプローチと皮膚からのアプローチを連携して行い、治療にあたります。

顔面外傷、顔面骨骨折

 中等度の顔面骨骨折(頬骨骨折など)の手術を行います。

中等度の熱傷や皮膚感染症の治療

 Artz分類で中等症クラスまでの熱傷は手術(デブリードマン、皮膚移植)を含めた治療を行います。皮膚重症感染症のデブリードマンと感染鎮静後の再建術を行います。

その他保険診療で可能な形成外科疾患の治療

 腋臭症、老人性眼瞼下垂、陥入爪などの手術を行います。