診療科・部門

腎臓内科

治療方針

 腎臓内科では、全ての腎疾患に対して病状の程度や急性・慢性を問わず、総合的に診断、治療を行っております。
 また「慢性腎臓病:Chronic kidney disease:CKD」という概念が提唱されて以来、腎機能異常を早期に発見し適切な管理・治療ができれば進行予防や寛解が可能となってきていることから患者教育にも率先して取り組むようにしています。腎臓病を患うすべての患者さんとその家族に病気に対する正しい知識を身につけて頂き、少しでも良い医療を提供できるよう取り組んでいます。

検診等で指摘された腎疾患に対して、血液・尿検査、画像診断、腎生検などによる精密検査を行い、正確な診断を行った上で適切な治療方針を決定。
検診等で指摘された腎疾患に対して、血液・尿検査・画像診断、腎生検などによる精密検査を行い、正確な診断を行った上で適切な治療方針を決定。
浮腫・電解質異常などの体液異常に対する原因精査及び治療。
急性腎障害に対する原因精査及び治療。
慢性腎臓病の保存期管理・栄養指導や教育入院・合併症の評価。
末期腎不全に対する透析療法(血液透析・腹膜透析)の選択、適切な時期の導入・管理。
血液浄化療法を必要とするあらゆる疾患への対応。
長期透析療法に伴う合併症の診断・治療
透析アクセス不全(シャントトラブル・腹膜カテーテルの機能異常など)に対する加療。