診療科・部門

放射線科

治療方針

 放射線科では画像にもとづく全身の疾患の診断・治療を行っており、次の3部門から構成されています。

  • 画像診断
    CT,MRI,核医学検査などの特殊機器を用い、体の中を詳しく調べ、病気の有無、質的診断、広がり診断を行う。
  • インターベンション
    画像検査の技術を応用し、高度な検査や治療を行う。(肝臓癌塞栓術、出血に対する塞栓術、静脈瘤塞栓術、カテーテル化学療法、画像誘導下ドレナージ、画像誘導下腫瘍生検、術前マーキング等)
  • 放射線治療
    高エネルギー放射線を使い、侵襲性の低い悪性腫瘍の治療を行う。

 当院のスタッフのうち2名は日本医学放射線学会の専門医であり、各部門で責任を分担し診療を行っています。また、精度の高い良質な医療の効率的な提供のため、各診療科と密接な連携をとり、病院全体のレベル向上に努めています。原則として各診療科の先生からの紹介で診療を行っており、病診連携として外部医療機関からのご紹介によるCT,MRI,核医学検査も行っています。

肝細胞癌に対するマイクロバルーン閉塞下TACEの治療成績に関する後視法的検討に関する臨床研究について