診療科・部門

放射線部

スタッフ

医師2名、技師12名、内科外来から応援の看護師1名、それに女性の非常勤1名です

医療機器一覧

主な医療機器
診断用X線撮影装置
: 一般撮影
透視X線撮影 移動用X線撮 外科用X線
血管連続撮影 循環器用X線撮影(DSA) 乳房用X線撮影 歯科用断層撮影
治療計画X線の各装置 コンピュータ断層撮影装置 核医学診断装置(RI)
磁気共鳴画像診断装置(MRI) 放射線治療装置、
治療用加速装置(リニアック)
超音波診断装置
透視装置(一台デジタル化済) MR装置(1.5T)

不安やいらいらを感じさせない、「ほっと、心の温もりを感じるような」放射線科

一般撮影においては部分的にしか実施していなかったCRを ほぼ全面的にコンベからCRへ移行しました。CR化により患者さんの属性が医療情報システムよりフィルムにダウンされスッキリ、スピーディに確認が行え、ヒヤリ、ハットにも貢献しそうです。CR化に伴いフィルム現像処理の際に発生する処理廃液、排水、(臭いも軽い)のでないドライタイプに切り替え環境に配慮していくつもりです。これはランニングコストも低減できるおまけつきです。そして懸案でありました治療棟への渡り廊下が(室内)通路に改修され、以前のように渡り廊下で室外と同様の暑さ、寒さを体験せずに治療棟に行けるようになりました。また、血管撮影装置がデジタルに更新され、微細な部分も描出できるようになりました。今後も画像診断部門では、広い領域におよび、そしてIVRもカバーし、救急体制(当直)も維持して地域医療への貢献に務めていきます。放射線治療については、近隣の病院に設備・機器がないこと、そして当院の政策医療であること等から、診療報酬からみてマイナスであっても治療精度向上と広範囲にわたる治療領域に対応できる機器に更新していく方針です。

画像情報の管理と運用に関しては、オーダリングシステムの導入もされ、今後更にデジタル化を進め、フイルムレス、画像データ管理、効率の良い読影環境に対応でき、将来のネットワークのベースになりうるシステムの構築に向け標準規格をサポートし拡張性を考えながら、しかも病院全体のコンセンサスに合うシステム作りを進めていかねばならないと思います。そのうえで患者さまには機器にない温もりのある医療、検査を実施していかなければと考えます。

検査内容