診療科・部門

泌尿器科

治療方針

 全尿路・男性生殖器および副腎・副甲状腺などの内分泌臓器にまで渡り、外科的治療を中心に診療を行っています。特に腎、腎盂、尿管、副腎に対しては腹腔鏡下手術を第一選択として加療しています。また、泌尿器癌に対しては外科的療法に加え抗癌化学療法、放射線療法といった集学的療法にも力を入れています。

悪性腫瘍

 副腎、腎、腎盂尿管、膀胱、前立腺、陰茎、精巣などの悪性腫瘍に対して手術療法(副腎、腎、腎盂尿管に対しては原則的に腹腔鏡下手術)、化学療法、放射線療法、内分泌療法、免疫療法などの集学的療法を行っています。近年増加傾向にある疾患として、前立腺癌、腎癌、膀胱癌などがありますが、前立腺癌には術後尿禁制を考慮した方法で、腎癌には根治性があり低侵襲な腹腔鏡下手術にて、また膀胱癌では膀胱全摘出術後の尿路変更を患者さんのQOLを重視した方法、主に回腸新膀胱を取り入れて手術を行っています。最近は転移のある腎癌の患者さんへの分子標的薬治療の機会が多くなってきています。

老年期泌尿器科

 高齢者では様々な排尿障害が生じますが、男性では前立腺肥大症、女性では腹圧性尿失禁、また男女問わず過活動膀胱や神経因性膀胱などの疾患が代表的です。それぞれの疾患に対し、低侵襲手術や薬物療法、生活指導や間歇的自己導尿の指導などを行っています。

尿路結石症

 腎、尿管、膀胱結石に対し、内視鏡的手術(PNL:経皮的腎結石砕石術、TUL:経尿道的尿管結石砕石術)を行っています。結石に対する観血的手術はほとんどなくなりました。

小児泌尿器科

 停留精巣、膀胱尿管逆流症、水腎症、巨大尿管などの手術療法を行っています。

泌尿器科救急

 腎損傷、尿道損傷、急性陰嚢症、結石疼痛、急性腎盂腎炎などの疾患に対する加療が主となります。