診療科・部門

栄養管理室

   栄養管理は全ての疾患治療の基本となるものですので、安全でかつ病態に応じて精度管理された適切な食事の提供を行っております。
 また、臨床検査値、喫食状況などの情報から、個々に適した食種や補助食品の提言、さらにアレルギーや食欲不振の患者様には個別対応食の提供など、医師や看護師、他の関連職種と連携を図りながら嗜好状況に合わせた食事支援を目標としております。
 管理栄養士は診療及び治療における栄養管理計画や栄養サポートを担い、生活習慣病治療のための正しい食生活を身につけていただくために栄養食事指導を実施しております。

業務内容の概要

給食管理
 患者様個々の病状に合わせて医師が食事を処方します。
処方された食事オーダーに基づき、管理栄養士が献立を作成し、調理師が調理します。温冷配膳車を使用しておりますので、適温で美味しくお召し上がりいただけます。
食事は患者様にとって楽しみでもあることから、嗜好調査・食事調査を実施し、患者様のご意向を取り入れた献立立案、選択メニューの提供や行事、歳時記には季節感を取り入れた食事にメッセージカードを添えて提供しております。
一般食 一般食、小児食、軟菜食
特別食 エネルギーコントロール食、たんぱく質・塩分コントロール食、透析食、脂肪・たんぱくコントロール食、消化管術後食、検査食、濃厚流動食、軟菜食(キザミ、ミキサー)、幼児食、アレルギー食、嚥下訓練食、低食欲時食、個別対応食 等

昭和の日土用の丑の日クリスマスバレンタイン


臨床栄養管理
●個人栄養食事指導
 患者様と向き合い、各々の食生活や病態に応じた実践可能な食事内容(献立や食生活の工夫点など)の提案や説明を行っております。
 糖尿病透析予防指導では、医師・看護師・管理栄養士が連携をとりながら患者様の状況に合わせたサポートを行っております。
  ・入院栄養食事指導
  ・外来栄養食事指導
  ・糖尿病透析予防指導
●集団栄養食事指導
 病気についての正しい知識、適切な食事内容や治療法、日常生活の過ごし方など専門職種が集まり患者様の治療・生活支援を行っております。
 詳しい日程は健康教室
●チーム医療への参画
  ・栄養サポートチーム
  ・褥瘡対策チーム
  ・緩和ケアチーム
  ・院内感染対策チーム