診療科・部門

病理診断科

治療方針

病理組織診断

 顕微鏡下に組織標本を見て病気の診断をするもので、検体としては内視鏡などで採取された直径数mmの小さなもの(生検)から胃癌や乳癌などで摘出された臓器までとなります。特にがんなどの悪性腫瘍においては『最終診断』の性格が強く、病理診断科における業務のうち最も重要なものです。当院における実績は年間約4,700件です。

術中組織診断

 通常の病理組織診断においては顕微鏡標本ができるまでに約20時間を要しますが、この方法では凍結切片法により約20分で組織診断を行います。そのため、最適な手術方法を手術中に選択することができます。つまり、通常では1度手術を終え、病理診断の結果を踏まえて再度手術をするということになる可能性があるのですが、そのような2度手間を避けることができます。しかし、この診断法には正確性に難点があるため、この診断法を取り入れるかどうかについては患者さんと外科医が十分に話し合う必要があるでしょう。
 当院では年間約130件行っています。

細胞診

 病理組織診断が組織という個体を対象とするのに対して、細胞診では尿、痰、分泌物などの液体を対象とします。つまり、液体成分の中にある細胞を顕微鏡で観察するのです。主にがん、あるいはがんの前段階の診断に重要です。この業務には細胞検査師という 特殊技能(資格)を持った技師が活躍します。当院における実績は年間約5,000件です。

病理解剖

 不幸にして患者様が亡くなったあと、ご遺族の許可をいただいて解剖が行われることがあります。ご遺体は数時間でご遺族の元に返却されますが、その後1,2か月をかけて病理学的な検討が行われ、最後に臨床病理カンファレンスにおいて臨床医と病理医が意見を交換し知識を高め合います。病理解剖はご遺族の許可がいただけない場合には行われません。病理解剖の件数は全世界的に減少傾向にあり、当院においても最近は年間数件となっています。

症例報告など臨床研究活動

 病理組織診断や細胞診において興味深い症例や他の病理関係者の注意を喚起するような例外的な症例などについて、研究会や学会において発表するとともに、学術雑誌に論文として発表するよう努力しています。また、臨床医による学会発表や論文の執筆にも病理学的側面から協力しています。年間実績(臨床検査分を除く)は学会発表6件、論文4件(著者1件)です。