病院のご案内

倫理委員会

平成23年度 第2回委員会審議平成23年7月27日

申請者 外科医長 武内 秀也
2011−002
「Her2陽性の転移、再発乳癌に対するTS-1+Trastuzumab併用療法の臨床第II相試験
申請の概要
医療行為及び医学研究の目的
 転移・転移・再発乳癌を対象としてTS-1+Trastuzumab併用療法の併用療法の併用療法の有効性安全性を評価する。
 主要評価項目 無増悪生存期間(PFS)
 副次的評価項目:奏効率奏効率、全生存期間(全生存期間(OS)、安全性治療成功期間(TTF)
判定 承認 本報告は全員一致で承認された。
申請者 外科医長 武内 秀也
2011−003
「Her2陰性原発性乳癌に対する術前化学療法としてのTC療法(ドセタキセル/シクロフォスファミド)の有効性と安全性に関する検討」
申請の概要
医療行為及び医学研究の目的
 本試験は前治療歴のないHER2陰性原発乳癌に対する術前化学療法としてのTC(ドセタキル+シクロフォスファミド)療法の奏効率、pCRpCR率、乳房温存および安全性を検討する。
判定 承認 本報告は全員一致で承認された。
申請者 外科医長 武内 秀也
2011−004
「Her2陰性の手術不能又は再発乳癌患者を対象としたカペシタビン、シクロホスファミド(XC)併用療法の観察研究」
申請の概要
医療行為及び医学研究の目的
 Her2陰性の手術不能又は再発乳癌患者を対象としたfirst line治療あるいはsecond line治療以降におけるカペシタビンとシクロフォスファミド併用療法の有効性と安全性を検討する。
判定 承認 本報告は全員一致で承認された。