病院のご案内

倫理委員会

平成21年度 第1回委員会審議平成21年6月14日

申請者 呼吸器内科医長 澤部 俊之
2009−001
「喘息コントロール達成後のステップダウン治療法の検討」
申請の概要
医療行為及び医学研究の目的
気管支喘息は、発作性の呼吸困難、喘鳴を主徴とする疾患であり、疫学調査では成人喘息の有病率 は4%とされているが、さらに増加の傾向にある。気管支喘息の概念は、近年になり気道平滑筋機能異常から慢性気道炎症へのパラダイムシフトが起こり、これにより気管支喘息の治療も気管支拡張 療法から抗炎症療法へと大きく転換することになった。抗炎症療法の中心となる薬剤は吸入ステロイド薬であり、その晋及により、本邦における年間の喘息死亡者数は3,000人を割るまでに減少した。し かしながら、中等症持続型以上の慢性喘息では吸入ステロイド薬単独療法による喘息コントロールの達成率は低く、初期治療として吸入ステロイド薬に加えて長時間作動性吸入β2刺激薬の併用が 最も優れた治法として推奨されている。本邦においては、吸入ステロイドと長時間作動性吸入β2刺激薬はこれまで、別々の薬剤として投与されていたが、欧米ではすでに10年ほど前から両剤の配合 剤(以下、SFC)の形で使用されており、昨年本邦においてもSFCの使用が可能となり、その有効性に加えて、利便性、良好なアドヒアランスなどの点から、多くの喘息患者に対して使用されている。気 管支喘息に対するSFCの治療効果は優れており、喘息コントロールの達成率は高いが、喘息コントロール達成後の薬剤の減量およびコントロール維持のための長期的な治療方針については一定の コンセンサスが得られていない。喘息治療ガイドラインにおいても、3ケ月間喘息コントロールが良好であった場合には減量を考慮するとされているが、最初に長時間作動性吸入β2刺激薬を外すべき か、あるいは吸入ステロイド薬の用量を減量すべきか等については明記されていない。そこで今回は、SFCによる喘息コントロール達成後の減量およびコントロール維持のための方法として、何が最 も優れた方法なのかを検討する。
判定 承認 本報告は全員一致で承認された。
申請者 副院長 酒井 浩徳
2009−002
「C型慢性肝炎に対する早期治療効果予測に関する診断マーカーの研究」
申請の概要
医療行為及び医学研究の目的
Genotype1型で高ウイルス量の難治性C型慢性肝炎患者に対するPEG−IFN/Ribavirin併用療 法において、治療早期のHCV抗原量と新しく開発されたCOBAS TaqMan HCVを用いてHCVRNAの定量を行い、治療早期に効果予測が可能であるかを比較検討する。また、PEG-IFN/Ribavirin 併用療法48-72週間投与のウイルス学的治療効果について検討し、副次的に8、12、16、24週投与時の陰性化率、肝機能改善度、安全性について評価する。
判定 承認 本報告は全員一致で承認された。
申請者 リウマチ科医長 末永 康夫
2009−003
「関節リウマチにおける薬剤性肺障害発症に関わる遺伝子の探索」
申請の概要
医療行為及び医学研究の目的
関節リウマチ(RA)には時に重篤な合併症として間質性肺病変(ILD)の発症をみること がある。また、その一部は薬剤誘発性である。本研究は、一塩基多型解析法を用いて間質性肺病変の発症に関わる遺伝的素因を探索することにより、抗リウマチ薬の選択 基準の作成に寄与するとともに患者生命予後の改善を図ることを目的としている。
RA患者を対象に末梢血を採取し遺伝子解析を施行する。同時にその臨床情報を収集 し、その関連を解析する。
判定 承認 本報告は全員一致で承認された。