病院のご案内

倫理委員会

平成20年度 第1回委員会審議平成20年5月9日

申請者 広島赤十字原爆病院 外科部長
(元 別府医療センター外科医長)
筒井 信一
2008−001
「乳癌におけるVEGF-C発現とリンパ管密度−それらとVEGF-A、 angiopoietin2および微小血管密度の関連』」
申請の概要
医療行為及び医学研究の目的
乳癌においてリンパ管新生と血管新生に関与する増殖因子について明らかにすること
審査の目的;我々は、これまでに1985年より1998年にかけて別府医療センターで切除された乳癌症例を用いて、その生物学的因子の解析を行ってきまし た。今回、242例の症例の解析結果を、BREAST CANCER RESESRCHという雑誌に投稿したところ、再投稿の際、倫理委員会の審査を求め てきました。通常、本研究のような古い時期の症例の病理学的検討では、倫理委員会の審査を求められることはほとんど無く、これまで、これらの症例を対象に 多くの学会や外国雑誌に発表してきましたが、今回の雑誌はすべての研究に倫理委員会の審査を求めております。このため、本研究の発表の是非について審査し ていただきたい。
判定 承認 本報告は全員一致で承認された。