お知らせ

地域がん診療連携拠点病院

当院は、厚生労働大臣が指定した、地域がん診療連携拠点病院です。
がん診療連携拠点病院とは、全国どこにお住まいでも質の高いがん医療が受けられるように、厚生労働大臣が指定した病院で、地域のがん診療の中心となる施設です。
がん診療連携拠点病院は、専門的な知識と技術をもった医師、薬剤師、看護師、ソーシャルワーカー、放射線技師などがそろっていて、手術、抗がん剤治療、放射線治療の体制が一定の基準を満たしていること、複数の診療科による協力体制が整っていること、緩和ケアが提供出来ることなどが条件となります。
さらに、セカンドオピニオンが提供できること、地域の病院や診療所との連携体制が整っていること、相談支援センターが設置され、相談に応じていること、がんの患者さんに関するデータ管理(院内がん登録)をおこなっていることなども条件になっています。

【都道府県がん診療連携拠点病院】
大分大学医学部附属病院

【地域がん診療連携拠点病院】
大分県立病院(中部医療圏)   大分赤十字病院(中部医療圏)
別府医療センター(東部医療圏) 済生会日田病院(西部医療圏)