病院のご案内

学校長あいさつ

教育理念

本校の教育は、豊かな人間性と、自ら進んで学習する能力を備えた、独立行政法人国立病院機構と社会に貢献できる質の高い看護の実践者を育成することを目指す。

教育目的

看護師として必要な知識及び技術を教授し、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献する人材を育成することを目的とする。






沿 革

昭和23年
国立亀川病院附属高等看護学院として開校
(看護婦3年課程 入学定員40名)
平成4年
国立別府病院附属大分中央看護学校となる
(看護婦3年課程 入学定員100名)
平成16年
独立行政法人国立病院機構へ移行し、
別府医療センター附属大分中央看護学校となる

校 章

校章

意味

形は九州における太陽と海(波)、温泉、それに別府市の花、大むらさきからのイメージで、世界に広がる愛、母なる温かい愛を表現しています。(平成9年制定)

資格等

  • 看護師国家試験の受験資格
  • 保健師、助産師養成課程の受検資格
  • 看護大学等の入学受験資格(3年次編入)
  • 看護教諭一種免許を取得できる大学の受験資格(修業年限1年)
  • 医療専門士の称号

看護師国家試験合格状況

  平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
本校 100% 100% 97.1% 100% 97.3%
全国平均 90.1% 88.8% 89.8% 90.0% 89.4%

卒業生の進路 (平成28年度卒業生)

就 職

            
  施設名 人数
国立病院機構
(九州グループ)
別府医療センター 20名
西別府病院 9名
大分医療センター 14名
九州医療センター 3名
福岡東医療センター 2名
福岡病院 2名
小倉医療センター 2名
大牟田病院 2名
長崎医療センター
4名
嬉野医療センター
2名
宮崎東病院
2名
佐賀病院
2名
国立病院機構
(中国・四国グループ)
岡山医療センター 2名
関門医療センター 1名
国立病院機構
(関東・信越グループ)
東京病院 1名
横浜医療センター 1名

小計

69名

国立病院機構以外 大分大学医学部附属病院

5名

独立行政法人 地域医療機能推進機構
南海医療センター

2名

国家公務員共済組合連合会 新別府病院

2名

社会医療法人敬和会 大分岡病院

2名

大分県厚生連 鶴見病院

1名

宇佐高田医師会病院

1名

医療法人社団親和会 衛藤病院

1名

社会医療法人社団 大久保病院

1名

大分三愛メディカルセンター

1名

日本赤十字社医療センター

1名

日本赤十字社 神戸赤十字病院

1名

日本赤十字社 大阪赤十字病院

1名

聖マリアンナ医科大学病院

1名

東京大学医学部附属病院

1名

小計

21名

就職者 計

90名

進 学

学校名 人数
九州医療センター附属福岡看護助産学校 助産学科 1名
京都医療センター附属京都看護助産学校 助産師科 1名
大分大学 医学部 看護学科 編入 5名

進学者 計

7名

学生定員及び修学年数

平成17年4月1日より
課  程 学  科 入学定員 総定員
看護専門課程 看護学科(3年課程) 80人 240人

特 徴

充実した教育環境で学ぶことができます。

別府医療センターは、大分県の中核医療機関として高度医療・救急医療を担い、地域医療に貢献しています。看護部では、選ばれる病院を目指して患者様中心の看護を行っています。また、学生指導や新人育成にも力を入れており、優秀な人材育成やキャリアアップの支援を行っています。

施設・設備

広い実習室

広い実習室フロア全体で80名の学生が一度に利用することもできる広い実習室を備えています。看護の基礎技術を習得するために必要なベッドや看護用品などを完備しています。また、脈拍・呼吸・血圧・意識状態・瞳孔反射など人間と同じように反応するシミュレーション人形など、看護学習に 必要な最新設備が充実しています。

 

情報科学演習室

情報科学演習室適切な看護援助を展開していくには、高度な情報処理能力が必要です。情報科学演習室には、50台のコンピューターを導入し、授業では、学生一人で1台のコンピューターを使って、情報収集と情報処理の手法が学べるようになっています

 

 

実習協力施設

病院 独立行政法人国立病院機構 別府医療センター
独立行政法人国立病院機構 西別府病院
保健所 大分県東部保健所
大分県中部保健所
大分市保健所
別府市役所(別府市保健センター)
日出町役場
杵築市役所(杵築市健康推進館)
訪問看護ステーション 一燈園訪問看護ステーション
別府市医師会訪問看護ステーション
訪問看護ステーション上人
やまなみ訪問看護ステーション
訪問看護ステーション ひまわり
さかいがわ訪問看護ステーション
ひじ訪問看護ステーション
訪問看護ステーション つるみ
訪問看護ステーションつかがわ
訪問看護ステーションむらはし
訪問看護ステーションおおいた
湯のまち訪問看護ステーション
介護老人保健施設 サンヘルスピア一燈園
シェモア鶴見
メディケア別府
むらはし
やまなみ苑
グループホーム 新別府一燈園
和幸苑グループホーム望み
はぴね別府
リベラホーム別府
グループホーム愛・愛
グループホーム 大観苑
保育園  杉の子保育所

本校は、別府市内および近隣の実習ご協力施設で、実習を行っております。 ほとんどの実習の場が、敷地内にある別府医療センター新病棟であり、移動などの利便性も高いです。 実習指導では、病院スタッフ、実習施設スタッフと教職員が連携して教育指導しております。

自己点検・自己評価

平成28年度 学校評価
 独立行政法人国立病院機構別府医療センター附属大分中央看護学校では、教育活動及び学校運営について継続的な改善を図ることを目的に、平成18年度より「自己点検・自己評価及び他者評価」を実施しています。
 全教職員が機銑塾琉125項目について、3段階評価尺度(1:改善の余地がある 2:満たしている 3:十分満たしている)で評価し、さらに機構附属の他校との相互評価によって次年度の目標や改善策を設定し、教育の質向上に努めています。
 平成28年度においては、8月に目標達成状況の評価と後期への取り組み課題を整理しました。今回、最終評価の結果について公表いたします。

全体評価

1.全体評価

 全項目の平均評価尺度は、中間が2.3、最終が2.4でした。全領域において、中間より最終の評価尺度が同じ又は高くなっています。これは中間時期に個人または学校全体として課題の整理を行い、後期の取り組み事項を整理したことが効をなしたと考えられます。
 今年度は、安全・安楽な看護援助の実践を目標に、計画的に特別教育プログラムを作成し、講義・演習を行いました。このことが実習でどのように活用されたのか、今後新人看護師として看護援助を行う際どのように活かされるのか継続した評価を行う予定としています。また、学生の個別を理解した実習指導となるよう指導者との学習・グループワークにも力を入れてきました。

2.評価が高い領域(評価尺度2.5以上)

 評価尺度2.5以上の領域は「偽軌虱念・教育目的」橋軌虧槁検岫袈軌蕾歡」「再学」でした。
 「橋軌虧槁検廚砲弔い討蓮教育理念に掲げている社会及び機構病院が求める看護職者の育成のため、学年に応じた講義・演習・実習の組み立て、看護職者としての倫理観の育成、安全・安楽・安心な看護実践能力の育成を行っています。最終評価が上がったのは、教職員が学生個々にチューターと連携を図りながら目標到達への関わりを実施していることの結果と考えます。
 実習においては、関連施設の指導者の方々と会議や実際の指導場面で連携を図り、学生の個別を理解した指導を行っています。

3.評価が低い領域(評価尺度2.4)

 評価尺度が2.4以下の領域は「玄業・学習・評価」「昂弍帖廖岫斬感函就業・進学」「蔀楼莠匆顱国際交流」「集Φ罅廚任靴拭「玄業・学習・評価」が低いのは、教職員が専門性を発揮した授業展開や授業の準備性に不十分さを感じている結果でした。当校では全教職員が自分の授業を他教職員から評価を受ける研究授業を実施しています。自己の授業に対して客観的評価を得て授業の質を上げる努力をしています。
 「斬感函就業・進学」については、現在卒業生の動向調査を行っていないため正確なデータとして卒業生のキャリアアップについて把握していない状況です。現在、今年度卒業生から動向調査を開始し、就職した施設と連携を図りながらキャリアアップの支援をしていく予定としています。

4.学生及び教員評価比較

全体評価  「偽軌虱念・教育目的」「袈軌蕾歡」についての評価が高かったです。しかし、「橋軌虧槁限勝廚砲弔い討漏慇孤床舛教員評価より低くなっています。臨地実習指導者と教員の連携についての評価が低く、実習中の学生の戸惑いがうかがわれます。教務助手の配置や教員の臨地での指導の強化、指導者会議における学習会やグループワークにも取り組みましたが、学生にとっては不十分だったようです。次年度は、学生個々に応じた連携の強化と実際の実習場面での指導を強化していく予定です。また、入学時からの学習支援、就職・国家試験対策において、チューター制の効果は従来通り効をなしており、今年度取り組んだ特別教育活動における安全教育・卒業前演習についての評価が高かったです。次年度も引き続き実施していきたいと考えています。